保険診療
自由診療
健康な生活のために
       
お知らせ
    
171208 自然の便り更新しました。
170208 ヨガ教室はじめます。
診療日 火水金土
10:00~13:00
15:00~18:00
予約優先
お問い合わせ
TEL 052-732-0133

食事療法

医食同源と申しますように、健康な食事は健康な体を作ります。
また、食は生き方でもあります。意識的な食事は、病気を治すだけでなく、その人の人生までも変えてしまうパワーがあるのです。

ねかせ玄米(☆写真の奥が炊きたての玄米。手前がねかせ玄米。)

      

「精製した白いものではなく、未精製の茶色いもの食べること。」は健康につながります。茶色いものの代表は玄米。玄米には多くのミネラル、ビタミン、食物繊維が含まれます。
「ねかせ玄米」は玄米を炊いてから3,4日熟成させることで、それらの栄養素を消化吸収しやすくしたものです。
あずきと一緒に炊いた玄米を3,4日ジャーで保温するだけで、モッチモチの美味しいねかせ玄米が出来ます。(★ポイント1参照)

<作り方>
① 玄米 3合を水720cc に夏は1昼夜 冬は2,3日 発芽させない程度に浸水します。(★ポイント2参照)
② 自然塩小さじ1杯と、あずき半合は洗って①にそのまま加え(★ポイント3参照)、圧力釜で炊きます。(炊飯ジャーなら玄米モードで炊く)
③ 炊きたての玄米ご飯をジャーに移し、3,4日保温すれば出来上がり!


★ポイント1:豆からのアミノ酸と玄米の糖質が反応しあい、メイラード反応によりメラノイジンという色素が析出します。これは抗菌作用があるため何日保温しても腐ることはありません。この色素は抗酸化作用により体に有害な活性酸素を除去する効果があります。
★ポイント2:胚芽中のフィチン酸はビタミンやミネラルを変質しないようにブロックしているため、玄米をそのまま炊いても栄養分がロックされたままですので、発芽環境においてあげることで胚芽中のフィターゼがフィチン酸を分解し、ロックから解放された栄養分が丸ごと摂れます。また、玄米は発芽すると多くのGABAを消費してしまうため、発芽させずに胚芽部分が膨らむ程度に浸水させることがポイントです。
★ポイント3:小豆のアクの主成分はサポニンで、この成分は緩下作用があり便通を促します。薬効を期待する時には茹でこぼしなどのアク抜きはせずに調理しましょう。また漢方的には、小豆は利尿作用や解毒作用が高い食材です。

おからドーナツ

食物繊維がたっぷりのおからの入ったヘルシーなドーナツです。

卵や乳製品は一切使わないので、アレルギーのあるお子さんでも大丈夫。ビタミン豊富な全粒粉と米粉を用いるので、よりヘルシーです
揚げたては外はサックリ、中はもっちり、きな粉砂糖をたっぷりまぶしていただきます。
あっさりしたおいしさなので、ついつい手が伸びてしまいます。

<レシピ> (ゴルフボール大約10個分の分量です)
生おから 100g
全粒粉   60g
米粉    40g
ベーキングパウダー 小さじ1,5杯
てんさい糖 40g
●豆乳   60cc
●なたね油 大さじ2杯(米油、太白ごま油でも可)
きな粉砂糖 適宜
※注意点
・ベーキングパウダーとてんさい糖をこの分量以下にすると、あげている時に爆発する危険があります!
・大豆、小麦アレルギーの方は食べられません。

~作り方~
① 先に●を混ぜておく。
② 粉ものを上から順に計りながらボールに入れて、そのつど泡だて器で良く混ぜる。(粉ふるいにかけなくてOK)
③ ②に①を入れ、ヘラで混ぜる。
④ 手に水をつけて、ゴルフボールくらいの大きさに丸めて、170度の油であげる。
⑤ あげたてをきな粉と砂糖を混ぜたものにからめて出来上がり。

かりんのハチミツ漬け

写真は去年の冬に漬けたものです。毎年漬けては、その冬の風邪の時に、お湯で割って飲んでいます。
途中に浮いている、ツブツブした茶色い種がポイントです!
かりんの果実の中にある茶色の種に含まれるアミダグリンは、アルコールに漬けたり、熱を加えるとベンズアルデヒドに変化し、咳止めとしての効果があります。
「かりんのど飴」でも知られるように、のどの痛み、炎症にも良いです。